大雄山最乗寺「仏像を彫る教室」作品展

大雄山最乗寺「仏像を彫る教室」では、秋の大祭に合わせて作品展を開催します。

倒れたり間伐されたりした山内の霊木を活用するため平成12年より教室を初め、来年で20周年を迎えます。

講師は地元の堂宮彫刻師、鉈彫り仏師(なたぼりぶっし)である小清水頂山先生。
*「鉈彫り」とは、表面を細かく滑らかに彫って金箔や彩色を施すのではなく、鑿(のみ)の彫り跡を残すような手法のことを言い、平安時代から鎌倉時代初め頃に盛んであったと言われています。

緑豊かな「大雄山最乗寺」で心穏やかに仏像を眺めてはいかがでしょうか。

教室は2月の第4土曜日から12月の第2土曜日まで、毎月第2、第4土曜日の9時から14時まで開催。見学大歓迎とのことですから、興味がある方は足を運んでみては

大雄山最乗寺「仏像を彫る教室」作品展
場所:南足柄市大雄町1157 大雄山 最乗寺 尚宝殿
期間:9/28(土)午後〜10/12(土)午前
【台風接近のため、作品展は11日を以て撤収させていただきます】
時間:9:00〜15:00(閉館)
初日は設営がずれ込む可能性がありますので、29日以降のお越しがオススメです。

詳細は「大雄山 最乗寺(南足柄市)仏像を彫る教室 」WEBサイトをご覧ください。

https://blog.goo.ne.jp/butsuzo_kyoshitsu

シニアの方も任せて安心!藤沢自動車で安心安全カーライフ

みんなにシェアしよう!