茅葺き屋根の葺き替え(補修)が予定されている開成町『古民家ガーデン紋蔵』さんに伺いました。

「古民家ガーデン紋蔵」は開成町瀬戸屋敷の裏手にある、茅葺きの古民家です。

県西地域の文化や情報交流の拠点

NPO法人すずろ(畠山光子理事長)が借り受け、文化や情報交流の拠点として活用しています。

毎月2の付く日に『ニコイチ』を開催。

着物のリサイクル品やリメイク品の販売のほか、ワークショップなどが開かれています。

レトロで味のある色とりどりの着物たち。この着物にこの帯と合わせてみるのも楽しいです。

納屋の2階に上がると昭和の初めにタイムスリップ

今回、初めて納屋の2階を案内いただきました。


レトロな室内は時間が止まったような空間です。

「古民家ガーデン紋蔵」の名前の由来となった、現家主の祖父、紋蔵さんの着物。

貴重な古文書がありました

2015年に発見された、大正12年の関東大震災の教訓を数え歌にした「大震災かぞえぶし」と小田急線が開通した昭和2年に広まったとされる「小田急数え歌」。

築150年という、こちらのお宅の歴史を感じます。

茅葺屋根の葺き替え(補修)が始まります

「古民家ガーデン紋蔵」ではこの春、古くなった茅葺き屋根が葺き変えられます。

この日は葺き替えの準備作業中。

朝霧高原で刈り取られたススキの茅の束をほどき、丁寧に雑草を取り除きます。
乾燥した茅のにおいが、何故かなつかしく感じます。

葺き替えが始まる4月14日、15日は一般解放されます。

葺き替えの様子が見れるめったにない機会ですので、お見逃しなく!

詳細はこちら

「古民家ガーデン紋蔵」茅葺屋根 職人の補修作業 一般公開 イベント情報へ

小田急不動産 リーフィア開成

みんなにシェアしよう!