2017年 あしがり郷瀬戸屋敷「端午の節句」五月晴れの青空に茅葺屋根を泳ぐ鯉のぼり

茅葺き屋根を泳ぐ鯉のぼりが絵になります

2017年 あしがり郷瀬戸屋敷「端午の節句」
300年の歴史ある名主屋敷「瀬戸屋敷」で今年も「端午の節句」が行われています。
鎧兜や5月人形が飾られた屋敷内は、ゆったりとした時間が流れ、ノスタルジックな雰囲気に癒されます。

屋敷内を泳ぐ大きな鯉のぼり

色々な五月人形・兜が展示してあります。

それぞれ由緒がありそうな、座敷のぼり・弓太刀・陣屋提灯・太鼓、軍扇陣笠・三宝揃などの節句道具を一つ一つ見ているだけでも楽しいです。

瀬戸屋敷ひなまつり」でおなじみの吊るし雛も彩りを添えています。

江戸時代の鎧兜も展示

中でも江戸時代から瀬戸家が所蔵する鎧兜はオーラが違います。

 

5月3日から5日までは展示のほか、甲冑試着体験やタケノコご飯炊き体験、かしわもち作り体験、うどん打ち体験(要申し込み)などの催しも用意されていますので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

イベント詳細は開成町役場のウェブサイトよりご確認ください

http://www.town.kaisei.kanagawa.jp/forms/info/info.aspx?info_id=2448

ランダム表示広告_300-250_2

みんなにシェアしよう!