2017年『開成町瀬戸屋敷ひなまつり』に行ってきました

春一番が吹き、足柄平野にも春がやってきました。春のイベントといえば、お雛祭り。
ここ足柄地域では4つの雛祭りイベントが開催。そのうちのひとつで、毎年、多くの観光客で賑わう『開成町瀬戸屋敷ひなまつり』へ行ってきました。

江戸時代から300年の歴史のある名主のお屋敷、大きな茅葺屋根が印象的な古民家です。

母屋に一歩足を踏み入れると、ちょっと空気が変わった感じ。
ゆったりとした時間が流れ、江戸時代にタイムスリップしたような不思議な感覚になります。

色とりどりのさまざまなタイプのお雛様が迎えてくれます。

一つひとつのお雛様にそれぞれの表情があり、時間を忘れて見入ってしまいます。

土蔵には大迫力の2つの大吊るし雛があります。高さ2.4m!!こちらは婦人会の手作り。

作り手の方の愛情を感じる丁寧で可愛らしい風合い。

帰りは囲炉裏端でお茶をいただきました。
こちらでは甘酒や煮込みおでんを販売しています。
暖かな囲炉裏を囲んで甘酒をいただいたら、ほっこりしすぎて帰れなくなりそうです。

2月25日、3月4日は「ひなナイトミュージアム」が開催されます。
昼間とちがう夜のライトアップされた瀬戸屋敷!是非、行ってみたいです!

イベント情報

日時

2017年2月18日(土)~3月5日(日)

会場

あしがり郷「瀬戸屋敷」
開成町金井島1338

入場料

400円(中学生以下無料)
団体割引(20名様以上無料)、障がい者割引あり

駐車場

あり

詳細情報

開成町瀬戸屋敷ひなまつり 公式ホームページ

ランダム表示広告_300-250_2

みんなにシェアしよう!