「おおいゆめの里」のサルスベリを見に行ったら、こだわりのブルーベリー農園さんにも出合えました!

初夏から秋にかけて、華やかな花を咲かせる百日紅(サルスベリ)。「おおいゆめの里」でサルスベリが咲くスポットがあるとのことで、熱中症対策に水筒・帽子を装備して行ってきました!

赤・白・ピンク、約280本のサルスベリが咲く「花木園3」ゾーン

目指すは、サルスベリが咲く「花木園3」。行きはゆめの里内を通り、帰りは青色で記された道路沿いを通りました

大井町のHPによると、「花木園3」では、合計287本のサルスベリが赤・白・ピンクなど色とりどりに植えられているそうです。期待を胸に、いざ出発!

丸太で作られた遊具のある「農村公園」の脇を通って園内へ

道標に導かれながら「花木園3」を目指します。途中、草が茂っている箇所もあったので、歩きなれた靴と長ズボンがおすすめ

緑豊かな散策路を歩いて約30分、ついに「花木園3」につきました!傾斜のある山側にサルスベリが植えられ、そちらを上っていくと…。

サルスベリの花々に、相模湾を見渡す絶景スポット!

暑さを忘れさせてくれるほど、色彩豊かに活き活きとしたサルスベリの花々。小田原の市街地や、相模湾を見渡す高台からの眺めも気持ちいい!がんばって歩いてきてよかった~

ツルツルした木肌のサルスベリ。本当に、おさるさんも滑るのでしょうか

帰りは、「花木園3」を横断する整備された道を下り、道路につながります。

道路から「花木園3」に続く道。こちらの散策路からのほうが、歩きやすいです

【おおいゆめの里】概要

大井町HP

道路沿いにブルーベリーの摘み取り発見!

ゆめの里の散策路を出ると、道路沿いに「ブルーベリー」と書かれたのぼり旗を発見。当日飛び込みでの利用ができたので、今シーズン最終間近に立ち寄ることができました。

ゆめの里の散策路から道路に出ると、ブルーベリーと書かれたのぼり旗を発見

緩やかな斜面にある「あしがらフルーツ村」という名の果樹園は、テニスコート約20面ほどある広々とした空間。
食の安全を大切に、除草剤を使わず無農薬で育てられているブルーベリーは約10種類。食べてみると品種によって全く味わいが違いびっくり!大きくて完熟した実は、甘さの中にその特徴がよく表れています。

「あしがらフルーツ村」代表の石井さん。約6年ほど前に会社を退職後、父の後を継ぎ転身。探求心いっぱいにマニアックなほど深く楽しく♪ブルーベリーをはじめ園内の果樹について教えてくださいました

摘み取りができるのはブルーベリーですが、このほかにも、大井町特産のフェイジョアをはじめ、レモン、パッションフルーツ、ヘーゼルナッツ、アーモンド…など、石井さんの好奇心の赴くままに、珍しくて多彩な果樹などがが植えられています。まるで、植物図鑑を広げたようです。

大井町特産フルーツ、フェイジョアの実。10月~12月上旬が収穫時期

今年5月ごろに植えたというバナナの苗は、背丈を超えるほど。驚きの成長スピード!

【あしがらフルーツ村】
〒258-0012 神奈川県足柄上郡大井町柳

今シーズンのブルーベリーの摘み取りは、7月中旬~8月末(予定)とのことです

新鮮さ、おいしさそのまま食卓へ!小田原百貨店

みんなにシェアしよう!