いよいよ開駅! 相州牛と足柄茶がテーマの「道の駅足柄・金太郎のふるさと」

南足柄市に「道の駅足柄・金太郎のふるさと」が、4月に予定されていた開駅から延期され、いよいよ6月26日(金)にオープンします。神奈川県内では5年ぶり、足柄峠・山北・清川に続く4カ所目となる道の駅です。

現在、全国で約1170カ所登録されている道の駅。道路利用者への休憩所という役割だけでなく、その土地ならではの名所や特産物などを活かした個性豊かなサービスが楽しめるので、地元に住んでいても立ち寄らないのはもったいない!

メディア向け内覧会で発見した魅力を、開駅前にひと足早くお伝えします!

「道の駅足柄・金太郎のふるさと」は、大雄山線「大雄山駅」から県道78号を通って開成町方面へ。竹松交差点を右折してすぐに位置します

南足柄の加藤市長や駅長などが挨拶。指定管理者は、道の駅などの豊富な管理・運営実績を持つ「株式会社TTC」

地元生産者の食材を新感覚でアレンジ

道の駅のお楽しみは、その土地の魅力を感じるグルメやお買い物! その場で味わうのはもちろん、手土産にも役立ちそうな“相州牛”と“足柄茶”をテーマにした、オリジナル商品・グルメを多彩に展開しています。

その中でも、ぜひチェックしていただきたいのは…

レストラン「ふるさとゴハン食堂」の「相州牛 ウニとろ牛めし」です!
見てください。この何枚も重なったローストビーフの迫力!そして贅沢にのせられたウニ!
思いもよらない山と海の組み合わせにびっくりしましたが、食べてみるとこれが美味しい。肉質きめ細かな相州牛のとろけるような旨味が口いっぱいに広がり、ウニのクリーミーな食感とコクで満足感が倍増。お値段もややお高めですが、クセになりそうです。

「相州牛 ウニとろ牛めし」(3480円税込)。相州牛(そうしゅうぎゅう)は、南足柄市内にある長崎牧場畜産一軒のみで育てられ、県内で唯一、放牧生産を行っています

そのほか、「足柄牛ガーリックステーキプレート」や「足柄茶そば」、「相州牛 ローストビーフラーメン」などのほか、小田原漁港などで水揚げされた海鮮が味わえる「おさしみ定食」など種類豊富。もちろんスイーツメニューもあり、きんたろう牛乳や足柄茶を使ったソフトクリームもありますよ♪

足柄茶を練りこんだ「足柄茶そば」(680円)。風味豊かでつるっとしたのど越し

農産物直売所は地元野菜や果物、オリジナル商品も満載!

新鮮な地元野菜をはじめ、香り高い足柄茶を使ったオリジナル茶葉やお菓子、足柄山の金太郎をモチーフにしたオリジナルブランド“GOLDEN BOY”を描いたクッキーやグッズなど種類豊富。相州牛や足柄牛の販売コーナーもあり、食卓の食材選びに立ち寄っても楽しそうです。

生産者の顔写真が掲示され、登録出荷希望者は6月24日現在で184名だそう

オリジナルブランド“GOLDEN BOY”。金太郎をモチーフにしたかわいいポーズがなんともゆるカワ♪

6月26日(金)朝10:00オープン

9:30 オープニングセレモニー
10:00 オープン

※6月27日(土)から朝10:00より通常営業

「道の駅足柄・金太郎のふるさと」

営業時間

 物販スペース 9:00~17:00
 ふるさとゴハン食堂 10:00~17:00(LO16:00)

住所

 神奈川県南足柄市竹松1117-1

駐車場

 75台

公式HP

https://www.michinoeki-ashigara.com/

問い合わせ

☎0465-70-1815
 

トリミング工房 犬屋

みんなにシェアしよう!